この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2020年6月1日

 一度延期した後に有料配信ライブへの切り替えが発表されていた平沢師匠のライブ、詳細が出た。イープラスのシステムを使う模様。アーカイブも1週間くらい観られる。しかし、日程の発表が直近すぎて都合がつかない。その日は物理的出勤なのでリアルタイムでは観られない(チケットは買っておいてアーカイブで観るけれど)。いつもなら何ヶ月も前に発表になっているので余裕で休みが取れるけれども、直近発表だと土日祝シフト勤務勢としてはどうしようもなくて困る。私は時間は固定なのでまだしも、夜勤が混ざっているタイプの皆様はもっと困るのではないだろうか。しかも、そういうタイプの勤務形態の皆様こそが、いわゆるエッセンシャルワーカーだったりするわけで。しかし、世間ではそういう人のほうが少数派(=土日祝休み勢が大半)なのもわかっているので、なんとも言い難い。ううむ……。

 こういうことがある度に、「もし私が何らかのイベント的なものを主催することがあったら、日程は必ず2ヶ月以上前に発表する(※シフト希望提出締日の関係で1ヶ月前でもアウトの場合があるため)」という思いを強くしている。

 

 ちなみに、上記の平沢師匠の配信ライブはチケット代がいつもの半額以下であり、そもそも普段はチケットを取ることすら難しいけれどその心配もなく、各々の家で自分のペースで観られるので、平沢師匠初心者の方にこそ是非オススメしたいところ。去年のフジロックの配信も、馬骨(=平沢師匠ファン)ではない皆様からの評判がものすごく良かったし。