この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2020年3月31日

 年度末最終日。異動前最終日。抱えていた業務も席の引っ越しも終わらせた。引き継ぎ資料は諦めた(※ボス了承済)。朝は「この時間のこの電車に乗るのはひとまず今日が最後か……」と思っていたはずが、仕事場に着いたら相変わらずの激務だったのですっかり意識の圏外に弾き出されてしまい、夕方にボスお二人からお菓子を頂いたところでようやく「ああ、私、異動だわ」とはっきり認識した。お二人ともお世話になりました&ごちそうさまでした。同じ建物の同じフロアでしかも移動距離2mくらいだけど。

 一方、後輩氏は課の中で配置換えになったんだけれども、新型のアレのBCP対応のため別棟で勤務することになったらしい。しかも決まったのが今日(最寄駅は同じとはいえ……)。当面会えそうにないので、ひとまず一旦バイバイしておいた。2年間すごくお世話になったしすごくお世話したし仲良くしてくれたし、感謝しかない。ありがとう。またね。

 

 明日は「明日中に終わらせないと後々面倒なことになるかもしれない諸々」を終わらせるために早起きしなければならない。今日と同じくらいの時間には出なければならない。しかも雨の予報だし……。

 

 ↓本日のプレイリスト

2020年3月30日

 昨日の日記の書きかたがイマイチだったので念のため。新型のアレもしくはそれに準ずる体調不良ではなく、自律神経がメタメタになっただけ。放っておけばそのうち治るのでご安心を(?)。

 

 Twitter、当面はこのスタンスでいくので悪しからず。

 微々たるものなのはわかっている。でも、私にできることはやる。「意味あるの?」と聞かれたら、「ある」と答える。

 

 とりあえず昨日のDEATHROさんの配信in小岩ブッシュバッシュのアーカイブを貼っておく。1週間限定公開。再生2秒で既にクライマックス。なお最初の3分半はサウンドチェック。最高。

 

 ↓昨日と今日のプレイリスト。昨日はできなかったので、2日ぶん。

2020年3月29日

 新型のアレ対策で仕事場が激務だったのが祟ったらしく、洒落にならないくらい体調が悪くなったので強制休息日。noteのレビュー連載の掲載も延期させて頂いた。申し訳ない。おのれ新型のアレ。

 

 辛うじて起きていられた間は配信を見ていた。小岩ブッシュバッシュのDEATHROさん企画の無観客生配信と、ヒプマイのスタジオライブの麻天狼のパートだけ(たまたま目が覚めたらそこだった)。ヒプマイのほうは1週間アーカイブが観られるので後日改める予定。

 とにかくDEATHROさんが最高だった。MCで「分断とかそれ以前に、俺たちはひとつじゃない」と仰っていたのには同意しかできなかった。それが事実で現実だし、そもそも何故ひとつだと思えるのかが私にはよくわからない。(人類全般のことではなく)ライブハウス界隈に特化して考えると尚更そうで、今まさにSaveOurSpaceで協力し合っているのはイレギュラー激レアケースなわけで……。本来ならば各々が自治自律しているのが理想の姿だと思う。

2020年3月28日

 外出自粛要請のまさにその日。西多摩の自宅と23区内の仕事場を往復したけれど、私が見る限りでは、人出は普段と全然変わらなかった。電車の乗車率も、街中の混み具合も。とはいえ、同じ23区内でも全然人がいないところもあったらしく、おそらく「そのエリアの大型商業施設(百貨店とか)が臨時休業しているかどうか」で差が出たのではないかと思う。仕事場の近くのそれは営業していたし。

 食料品や生活用品の買い出し、通院、そしてお仕事、そのあたりのことは「不要不急」ではないので良いと思う(一応都の公式見解も出ている)けれど、明らかにデート帰りのカップルを何組も見たし、駅で電車を待っていたら近くにいた女子が「自粛とか意味わかんないしw」と言っているのが聞こえてきたりしたし(残念ながら両方とも実話。作り話ならどれほど良かったか……)。

 ということで、生まれてはじめての(天候要因以外の)外出自粛要請を体験した私の個人的な感想を一言で表すと、「ダメだこりゃ」。世の中には色々な人がいるのが当たり前なので、もちろん時には話にならないこともある。この調子だと、いっそ早めにロックダウンしてしまったほうが良いんじゃないかとすら思える。副作用がキツすぎるのはわかっているけれど……。

 

 明日の日中は小岩ブッシュバッシュからイベント生配信がありDEATHROさんが出る。夜はヒプノシスマイクの特番の生配信(西武ドームでのライブが中止になった代わり)がある。私は元々インドア勢なので、何日も家に篭っていても何の苦もないどころかむしろ大歓迎なんだけれども、やっぱりそういう楽しいエンタメがあるとさらに嬉しい。ので、自粛続きとライブハウス云々の二重の大打撃を受けている音楽界をはじめ、エンタメ全般の火はどうにか絶やさないようにしてほしい。ので、微々たるものかもしれないけれど、引き続き応援や支援をしていこうと思う。私にはそれしかできない。

 

 ↓本日のプレイリスト

2020年3月27日

 あのコミケが中止になり、あの平沢師匠のライブが延期になった(新日程は6月なので、その頃までに良い塩梅に落ち着いていることを祈るのみ……)。そして、近しいところで発生したというわけではないけれど、徐々に忍び寄ってきている感はある。

 私は明日は仕事場に行く日で、不要不急ではないので予定通りにお仕事してくるけれど、自治体側からあそこまで言われた後の世の中がどんな感じなのかは目の当たりにしてこようと思っている。

 

 ライブハウス界隈の皆様(運営サイドや出演者や音楽関係者など)がついに足並みを揃えて動きはじめた。大変良いことだと思う。こういう時、特に今回のように国や自治体と上手くやらねばならない時には、各々での取り組みも必要だし、一致団結し筋を通して挑むことも必要。私はただの客なので、良い感じに着地してくれることを祈るしかない。落ち着いたらまたたくさん遊びに行くし。

 (2020/3/28追記:上記リンク先で集めている署名は音楽関係者でなくても一筆送って良いらしい)

 

 ↓本日のプレイリスト

2020年3月26日

 昨日と今日は行動パターンが全く同じ。病院に行った帰りにお買いもの。昨日は眼科で今日は喘息と左半身のアレのハシゴ。このタイミングだったのは全くの偶然。とりあえず急に外出禁止令が出ても大丈夫な感じにはなった。本屋さん巡りは不発だったけど……。

 ちなみに、今日の病院2ヶ所両方で「喘息持ちなんだから新型のアレには本当に気をつけてね」と釘を刺された。やっぱりダメか、世間の状況からするとさらにダメか、そうか、ううむ……。

 

 本日の「現実は見たほうがいい」のコーナー。

 

 ↓本日のプレイリスト

2020年3月25日

 数十年生きていると、近未来の歴史の教科書に載りそうな事案も体験したり目にしたりする(実際に、した)けれど、その中でもいくつかの重大案件は体験の最中に「世界線が変わった瞬間」がはっきりと見えた。で、昨今の新型のアレもそんな感じなんだけれども、過去の同様の案件とは肌触りが違う。今までのそれは、スパッと線を引くように、バキッと割れるように、前の世界線と新しい世界線のボーダーがはっきりしていた。しかし、今回は、木製の棒の両端を持ってじっくり曲げていくような、ピキピキピキッと細かい亀裂が入っていくような、隣り合った世界線がじわじわと融け合っていくような、そんな感触がある。

 閉塞感が凄まじいこんな時に限って、とても良い青空だったりするのは、何かの皮肉だろうか。

https://www.instagram.com/p/B-J5mxmp7Q-/

 次のフェイズに入ったんだな、というのが素人にもよくわかる発表やら会見やらがあった。昨日までは「東京の全人口に対してはそんなに多くないからまだいけるかもしれない」という印象だったのが、今日は「これは本当にダメなやつかもしれない」というそれに変わった。来月はライブハウスで1本、ホールで1本ライブを観る予定があるけれど、雲行きが大変まずい感じがする。他所様に迷惑をかけるわけにはいかないし、そもそも自分は喘息持ちなので重症化リスクがなくはない(かといって100%そうなるとは言えないけれど)。ライブハウスやアーティストや関係者各位が苦しんでいるのは大変不本意ではあるけれど、しかしこんなことで死にたくはない、というのが正直なところ。とりあえず、さらに悪い方向に行く可能性があるという前提のもと身構えておくことにする。

 

 ところで、私の思考には「現実は見たほうがいい」という大前提が存在している。

 要は、事実は事実として直視しなければならない、ということ。

 

 ↓本日のプレイリスト