この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2020年2月7日

 先週と先々週とその前くらいから積もり積もった諸々により、今週頭から生活が少々乱れていたんだけれども、今日ふと鏡を見たら顔面が盛大に肌荒れしていた。わかりやすすぎる。幸いにも今日から再び生活を整えることに成功したので、顔面はそのうち良くなるはず。そしてそもそも生活を乱さないために体調を崩さない≒体力をつけねばならないわけで……。

 

 そろそろアレのアレを復活させたいし、確定申告シーズンも迫っているし……などなど、やりたいこと/やるべきことが盛りだくさんなので、とりあえず段取りは決めたし手順もあらかた組んだ。今週末あたりから粛々とやっていきたい。

2020年2月6日

 何故だか朝から全然テンションが上がらず、機嫌は悪くはないにせよ「ごきげんだぜっ!」というほどでもなく、総合的に大変イマイチだったんだけれども、お仕事ラスト15分くらいで急に復調した。遅すぎ。

 

 ここ数日はスーパーカーを聴いている。最初期の演奏拙めでノイジーなのもすごく好きだけど(※当方cream sodaリアタイ世代)、最後期のスッキリしたのも好き。中期のピコピコしてた頃の曲は未だに色々なところで耳にするし、個人的にもわりと聴く。一昨日と昨日はRE:SUPERCARから2曲を、今日は『RECREATION』を無限ループしていたけれど、良い感じの試聴がなかったのでベスト盤のダイジェストを貼っておく。DISC2の1曲目が今日聴いていたそれ。


 そして、聴けば聴くほど、「いしわたりさんも、中村さんも、フルカワさんも田沢さんも本当にすごいなあ」という感想しか出てこない……。

 

 眠すぎて諸々の作業が進まない! 困る!!

2020年2月4日

 諸事情によりマルチ商法とか組織的詐欺とかに詳しくならざるを得ない環境に身を置いて早数年。色々見聞きしての感想としては「ちゃんと自分の頭で考えられるように上手いこと育ってよかった」と「大学時代に学内の友達がいなくてよかった」の2点に尽きる。後者は……まあ……アレだけれども……。(※大学入学とライターデビューとライブハウス通い開始がほぼ同時で、入学式とオリエンテーションの印象がアレだったのでサークルにも入らず、故に大学構内には必要最低限しか足を踏み入れなかったし、ダラダラしていられるほどの時間的余裕もなかった、という能動的な理由であって、受動的にハブられたわけではない。断じて。断じて!)

 

 「受けてみてもいいんじゃない?」ではなく「受けてください」との指示があったので、とある資格試験を受けることになったんだけれども、受験料がやたら高い。ちょっと引くくらい高い。しかし、受かれば仕事場のアレで全額キャッシュバックされることが判明し、俄然やる気が出ている。試験は年に一度の一発勝負なタイプではなく、むしろわりと頻繁に開催されているので、確定申告を終わらせてから勉強をはじめて、程良いタイミングで受けようと思う。

2020年2月3日

 お昼ごはんを調達しようと仕事場の最寄りのスーパーに行ったところ、なにやら異様な雰囲気を醸し出す一角があり、そこをそっと覗き込んでみてはじめて「あっ今日節分だった!」と認識した。恵方巻。

 

 現代医学のおかげで喘息はだいぶおとなしくなった。しかし、半月ほど積みに積んだ睡眠不足を解消せねばならない(※レム睡眠時には容赦なく咳が出るので起きてしまう)。正直、ものすごく眠い。明日は仕事場に行くので、明後日はゆっくり寝ようそうしよう……。

 ……と、そんなことを書いていたら、エクストルーダーズのライブ予定がひっそりと(そしてわりと急に)増えていることに気付いて一瞬目が覚めた。その日たまたまお休みなんだよなあ……本当に完全なる偶然……我ながらファインプレーすぎる……。

2020年2月2日

 更新。「彼らの名前が出てくるということは最近の話では?」と思われてしまいそうな気もするけれど、この連載のルールにはきちんと則っている。具体的には14年ほど前の話。彼らも私も歴史が長いということ。

 そして、気付いたら3,100字ほど書いていた。おそらく史上最長。

 次は2/16。どうしようかなあ、何を書こうかなあ……。(書きたいことがありすぎて逆に困っている的な意味で)

 

 午後から数ヶ所を巡る外出の旅に出たんだけれども、予想以上に拘束時間が長くて、寄りたいところに寄れなかったし、note連載のupも夜になってしまったし、眠すぎて珍しく忘れものをしそうになったしで、なんともアレだった。そんな日もある。

 

 さて、今夜も色々な諸々を進めなければ!(寝落ちしそうな気もするけれど……)

2020年2月1日

 昨日、検査で採血をしたんだけれども(結果は全く問題なしだったのでご安心を)、例によって肘の内側からは採れず手の甲からでお願いした。で、その際に看護師さんが「ちゃんと血管は見えてるんです……でもその真上に筋があるんです……!」と説明してくださった。なんだかんだ年に数回くらいのペースで採血しているけれど、肘の内側の状況の解説があったのは史上初だった。そりゃ刺せないわ。納得。

 その後、別の病院(左半身のアレのほう)にて主治医の意見書的なものを一筆書いて頂かねばならず、テンプレを提出したところ、その場で直筆でパパッと仕上げてくださった。預けて1週間後くらいに取りに行くパターンかと思ったので助かった。しかも、結構なボリュームの記載を頂いたにもかかわらず、文書代はわずか1,100円だった。正式な診断書ではないけれど、それにしてもお手頃価格。お支払いしつつ何故か「先生の直筆サインが1,100円……」と思ってしまったけれど色々と違う。

 

 今月は全体的におとなしくしているつもり。仕事場との往復と明日の髪メンテとどうしても逃せないライブ以外は外に出ないと思う。その代わり(?)必然的に自宅作業に裂ける時間が増えるので、まず確定申告を終わらせ、その後ずるずる遅延しているあれこれを解決していきたい。