この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2021年2月11日

休日らしい休日を過ごした。たっぷり寝て起きて通販サイトを物色してポチったり保留にしたりしてYouTubeですゑひろがりずの生配信を観て調べものをして、という穏やかな一日。

 

何度目かの「iPadを買うべきかどうか脳内会議」が開催され、何度目かの否決となった。今回は仕事場の社用iPadを触ってみての感想も取り入れてジャッジしたものの、やはり「現時点では不要」という判断。iPhoneもデスクトップPCもノートPCもあるし。

2021年2月10日

テレワーク。朝から営業さんたち全員参加のオンライン会議に顔を出し自己紹介。営業さんの戦略の話は本当に勉強になる。

夕方、ボスより「例の手続きが終わったから添付ファイルを確認して送り返してほしい」とのメール。直筆サインが必要とのことでプリントアウトしてサインしてスキャンして添付して送信。これでまた思う存分書ける。去年以前よりも諸々の環境が良くなったので、今まででいちばん書ける状況に在るのかもしれない。ありがたい。

 

……ということで、更新再開のお知らせをしたものの、まさかその日のうちに寝落ちするとは……。(すみませんでした)

更新再開のお知らせ

皆様、お久しぶりです。qeereeです。
更新が滞っており申し訳ありません。
以前から個人的に求めていた生活の変化を年始に実現することができましたが、そのために昨年秋から忙しくなり、それが一段落した1月末くらいからまた執筆の時間が取れるようになったものの、そのために必要な手続きをしなければならず、半月ほどかかってようやく今日の午後に承認されたところです。
 
思う存分書けるようになりましたので、執筆活動を再開します。
日記の更新も再開します。
とはいえ、更新できなくなってから半年ほど経ってしまっています。
早く現実に追いつきたいという気持ちもあります。
つきましては、
2020年9月分(既に掲載されているもの以降の日付)〜2021年1月分
 →数日分を1投稿にまとめる形で随時更新します
  (該当の日付のアーカイブに直接入りますので、最新の投稿にはなりません)
2021年2月分〜
 →毎日更新に戻します
  (2021年2月9日以前の日記は上記同様にアーカイブに直接入ります。
   本日2021年2月10日以降は通常のスケジュールで更新します)
このような形をとることにしました。
しばらくは現在分と過去分がランダムにupされていきます。
更新情報はqeereeのTwitterMastodonでお知らせします。
各種RSSリーダにも対応しています。
はてなユーザの方は「読者になる」登録をして頂けますと更新時に通知されます。
 
一個人の日記ではありますが、これからもお楽しみ頂けますと嬉しいです。
引き続きよろしくお願い致します。

2020年9月3日

 物理的出勤。あらゆる意味で、通常営業。

 

 仕事場でも自室でも外のどこかでも、お仕事中には必ず珈琲を飲むようにしている。ちゃんと自分なりの理由もある(1. カフェイン摂取で眠気覚まし、2. お仕事モードに気分を切り替えるスイッチ的役割)。けれど、突然、何の前触れもなく、ブラックコーヒーが飲めなくなった。というか、飲めるには飲めるけれど、数時間後に必ず体調が悪くなる。しかし、ブラックコーヒーにお砂糖とポーションのミルクを入れるだけで体調に響かなくなる。ラテやオレならわかるけれど、ブラックに微量のミルクとお砂糖を加えただけで大丈夫になる理屈が自分でも全くわからない。間違いないのは、「ブラックコーヒーを飲むと体調が悪くなる」という事実だけ。

 実は、「ブラックが突然飲めなくなる現象」は以前から数年に一度くらいのペースで発生していた。けれどそれは「身体がブラックを受け付けないから1滴も飲めない」というものだったので、今回のように「飲めるけど数時間後にえらいことになる」というのははじめて。これはなんだ……なんなんだ……考えれば考えるほど謎が増えていく……。

 せっかくだし(?)、これを機に(??)カフェインを減らしたほうが良いのだろうか……元々珈琲より紅茶のほうが好きだし……ううむ……。

2020年9月2日

 朝から、所用→髪メンテ→先日発注したスーツの確認と袖やら丈やらの直しの採寸、というハードめなスケジュール。しかも目的地がバラバラで全行程電車移動。朝9時台に家を出て、帰宅したのは18時過ぎ。とにかく長かった……そして暑かった……のでぐったり。でも楽しかった。

 いやしかし、人類の規格ではない我がボディにもバッチリ合うようにあれこれできるのだから、スーツ屋さんは本当にすごい。あと店長さんがとても“できる”お方で、サッと気を回したり「そんなこともあろうかとご用意しておきました」をやってくださったりしている。ありがとうございます……!

2020年9月1日

 急に涼しくなった。「7月は梅雨! 8月は夏! 9月は秋!」という意図的なスイッチングを感じるくらいにはバキッと気候が変わった。でもしばらく歩いているとそこそこ蒸し暑い。

 

 昨日処方されたお薬を飲みはじめた。例の血栓云々以外にも色々と初期不良的な症状が出ることがあるらしいけれど、どうやらそれは大丈夫そう。1ヶ月後、もしくは安定した3ヶ月後、どうなることやら。

2020年8月31日

 通院day。左半身と喘息は特に何事もなくいつも通りだったので割愛。それらに加え、ここ数日の体調不良(昨日一昨日の日記参照)と数ヶ月前から続く悪しきループを断つべく、婦人科にも行ってきた。

 

 (※以下、女体に夢見る男子の皆様には少々生々しい話になりますのでご了承ください)

 

 先生に事情を説明すると、間髪入れずに「月経困難症ですね〜。お薬試してみましょうか。保険ききますからね〜」との回答。数ヶ月の苦しみが秒で解決した。餅は餅屋。

 月経困難症はエクストリーム生理痛で動けなくなる皆様に限るのではないかと勝手に思っていたけれど、どうやら私のように「痛みはないものの著しく体調が悪くなり動けなくなる」人も該当する模様(先生曰く「たまにいらっしゃいますよ」)。

 そんなこんなで服薬することになったのは良いものの、副作用で普通の人よりも少々血栓ができやすくなるらしく、特に最初の3ヶ月は気をつけなければならないそうで、ものすごーーーーーく釘を刺された。けれど、仕事場でも自室でもパソコンを前にあれこれしている私に「ずっと同じ体勢でいないようにしてくださいね!!!」と言われても現実的に無理。なので、着圧ソックス&ストッキング&タイツで対応することにした。浮腫も取れるし、一石二鳥。かもしれない。

 実際に飲みはじめるのは明日から。1ヶ月後どうなるか、期待半分不安半分といったところ。

 

 このお薬も閉経するまでずっと飲み続けるタイプのそれで、つまりその期間はずっと通院しなければならないわけで。左半身のアレと呼吸器科と婦人科とで毎月3ヶ所。さすがにちょっと手間がかかりすぎる感はある。

 しかし、逆に言えば「服薬さえしていればQOLを下げず普通に楽しく過ごせる」ということなので、それはそれでとても良いこと。

 (もちろん「薬など何も飲まずともいつも元気」なのが最良だけど、生まれつき体が弱いとこういう発想にならざるを得ない)