この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2021年2月25日

block.fmにて、AFRO PARKERが所属しているレーベル「para de casa」の特番part2。出演者はアフロパ代表で弥之助さんとKNOBさん、あとレーベルメイトの西恵利香さんとYONA YONA WEEKENDERSの磯野くんさん(※磯野くんさんは「磯野くん」までがお名前で、ご本人様は「磯野くんと呼んでほしい」と仰っているけれど、やはり敬称は付けさせて頂きたいのでこの書きかたになってしまう)。

ノリとしてはロパ飲みのゲスト会をちゃんとしたラジオ番組の枠に落とし込んだ感じで、終始リラックスして聞けた。西さんは本物のラジオパーソナリティの経験がおありなので、慣れていらして安心。磯野くんさんのラーメントークが強制早送りされるのも定番化した感がある。ラーメン食べたい。インスタントじゃないのを。

 

で、アフロパは番組内で新曲初解禁。タイトルは『After Five Rapper II 〜SHACHIKU CAPRICCIO〜』、通称『社畜2』。4月に出るアルバムの1曲目で、あの社畜曲↓の続編。


社畜1が新卒入社1〜3年くらいの新人の悲しみと怒りを表しているとすれば、社畜2は入社5年~10年くらいの中間管理職的な悲哀がある(フックにそういうフレーズも入っていた)。メンバー全員アラサーなので、実際にサラリーマン業ではそういう立ち位置なのかもしれない。この調子で「社畜3・部長クラス編」とか「社畜4・取締役編」とか「社畜5・社長編」とかそのくらいまでいって頂きたいところ。

 

その社畜シリーズと『Buddy』や『In Tears』を並列で作っているというのがアフロパのすごいところだと思う。ヒプマイ観音坂さんに提供した『チグリジア』も全然違うテイストだし。



最近アフロパづいている。なにせ、良いバンドなので。