この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2021年2月17日

新しい自宅用ワイヤレスイヤホンを買った。AnkerのSoundcore Life Dot 2。今使っているそれはかなり前に買った別メーカーのもので、フル充電しても3時間しかもたず、寝入りに使うくらいなら問題ないけれど、オンライン飲み会で使うと途中で切れてしまう(イヤホンなしでもできるが時と場合によっては近所迷惑になる可能性が捨てきれない)。新しいのは本体だけでも8時間いけるらしい。

で、新しいイヤホンorヘッドホンを買った時の恒例行事であるエイジング……というほどでもない、慣らし運転。現在進行形で数時間やっているけれど、たしかに充電がなくなる気がしない。

本気のエイジングはそれ専用の音源を延々流し続けるらしいけれど、私の場合は繋いだiPhone(もしくはPC)に入っている曲を全ライブラリ総出でシャッフル再生して、ありとあらゆるタイプの音楽を鳴らして適応させる(そして自分も聴いて楽しむ)、といった感じ。5時間くらいやればだいぶこなれてくる。

で、今回買ったイヤホン。正直、最初は「うーーーーーん……」といった感じだったけれど、1時間くらい経過したところで急に劇的に良くなった。慣れてくれたらしい。

メーカーサイトにもある通り、低音がやや大きめ。しかし全体のバランスを乱すほどではなく、控えめにちょっとだけアピールしてくる程度なので、そこまで気にならない。テクノやダンスミュージックを流すとローがとても良い塩梅になる。

しかし、このイヤホンの真骨頂はおそらくそこではない。特筆すべきは音の奥行きだと思う。特にバンドサウンドやそれに準ずる音。(実際には全パートがライン録音や宅録や打ち込みだったとしても、何故か)ちゃんと物理的な部屋で鳴らしているように聴こえる。スタジオの風景がありありと目に浮かんでくるくらいの3Dっぷり。nhhmbaseの『3 1/2』とEXTRUDERSの『colors』を流した時には感動すら覚えた。特に後者は「蔵だ……!!!」と思ってしまったくらい。(※EXTRUDERSは蔵をスタジオとして使っていたことがある)

あと、ドラムの金物類(シンバルやハイハット等)の鳴りかたもとても良い。これで実売価格5000円くらい。良い時代。

 

実は、まだ開封していない別メーカーのヘッドホンがあるので、明日はそちらを慣らそうと思う。楽しみ。

 

 

友人にAFRO PARKERの『Buddy』のMVのURLを送りつつ、自分も観た。新郎の男友達目線の結婚式ソングは貴重。


演奏シーン以外でもメンバー御一行様ほぼ総出演。終盤に差し掛かったあたりに出てくるKNOBさん(b)が本当に怖い。街で見かけたら全力で逃げるレベル。(※ロパ飲みを見るに、実際にはとてもお優しい方のようです)

この曲は加地三十等兵さん(g)の結婚式のために彼以外のメンバーがサプライズで作ったそれが土台になっている。その様子もYouTubeにある。

ところで、そろそろ出ませんかね、その、アルバム、とか……。ほら、たまってきてるじゃないですか、配信シングルが……。(全力でお待ちしております)