この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2020年2月10日

 このところ、3日おきくらいのペースでほぼ同じ夢を見ている。

 私は髪を染めていて、今は黒に近いかなり濃いめの色にしているんだけれども、ふと気付いたらその色がごっそり抜けていて、髪の下半分が白に近い金色or蛍光に近いグリーンになっていて、自分でもものすごく驚いて、その衝撃で目が覚める、というもの。もちろん、現実世界ではそんな色にはなっていない。そもそも世の美容室に置いてあるヘアカラー剤はそこまで貧弱な作りではない(何回もブリーチした上から明るくて派手な色を入れたりしたら比較的抜けやすいだろうけど、それでも数時間で一気に抜けたりはしないし、そもそも私の場合はそういう感じではない)。

 これはいったいなんなのだろうか。そもそも夢自体を滅多に見ないのに、このところ集中して、且つ偏って見ているということは、何らかの重要なアレなのだろうか。夢占いが得意な方がいらしたら是非解読して頂きたいところ。だからといってどうというわけでもないけれど。

 

 夕方になってから、明日は祝日であるという事実に気付いた。それにより、昨日不本意ながら寝倒してしまい順延になった一部のサムシングの締め切りが1日延びた。今日も自宅での諸々を粛々とやったので、明日も粛々とやりたい。日中の仕事場でのあれこれも大変なことになっているけれど……。