この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2020年1月15日

 今日は盛りだくさんだった。盛りだくさんすぎた。

 

 まず、眼科へ。コンタクトレンズを変えたくて(1dayソフト→ハード)処方箋の作り直し。意外と時間がかかったけれど、そしてどうなることかと思ったけれど、良い塩梅に着地した。診断の一環として実際に購入予定のレンズを装着してみるわけで、ハードレンズといえば「最初は痛かったりゴロゴロしたりして大変」「慣れるまでに数週間かかる」ことで有名だけれども、たしかに最初の5分くらいは「ふおおおおおおお」となったものの、それ以降はわりと大丈夫だった。

 視力検査の技師さん(?)が歴戦の勇者と思わしきおじさまで、柔らかい物腰とフレンドリーさと手厚いご指導が最高だった。私の左右の目には度数の差がある……はずだったんだけれども、実際には度数ではなく目のカーブ(BC)の差だとのご指摘があり、仰る通りに「左右の度数は同じでBCが違うレンズ」を試着したらあっさり解決した。すごい。

 凄腕技師さんと愉快な看護師さんに色々レクチャーして頂き、処方箋も頂き、いつものコンタクト屋さんに提出し購入手続。取り寄せなので実際に手にするのは数日後。

 

 次、初詣のため某神社へ。私は厄年でもそうでなくても毎年ご祈祷して頂くんだけれども、この神社でのご祈祷ははじめて(通常のお参りなら何度もある)。大変良かった。今までは御神籤は引かない派だったんだけれども、今年は引いてみたくなったので引いたところ、全体的に納得なコメントが並んでいたし、各所の占い(※読みものの一種として好きでよく読んでいる)と同じような内容だったので驚いた。自分の気分とも一致していた。なんというか、こう、全部お見通しなんだな、と思った。

 

 次、別の神社へ。先ほどの神社とは目的が違う。陽が落ちた後で社務所も閉まっており、人もほとんどおらず、ゆっくりじっくりお参りできた。お守りは買えなかったので、それはまたの機会に。

 

 次、品川のクラブeXというホールへ。『宇宙戦艦ティラミス』の舞台の第2弾を鑑賞。私は宇宙戦艦ティラミスが好きすぎるので、前回の舞台も観たんだけれども、良い意味であまりにも壮絶で最高だったので、第2弾も観ざるを得なかった。で、最速先行予約でチケットを取ったら、うっかり最前列をゲットしてしまった。自分の席からステージまで1mほど。近い。

 内容は……「すごかった」としか言えない。内容については何も書けない。今週日曜日まで公演があるのでネタバレしたくないというのもあるけれど、公演が終わった後でも何も書けない。何故ならば、この舞台の内容が開示されてしまった暁には、全方向から怒られが発生するからである。ほとぼりが冷めた後の映像ソフト化は限りなくアウト寄りのセーフだとしても、今は絶対に書けない(のに千秋楽のライブ配信があるらしく色々な意味で恐ろしすぎて震えている)。最高だった。第3弾もよろしくお願いしたい。

 

 そして帰宅して諸々して今。充実した一日だった。明日はとにかく休む。