この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年8月3日

 帰宅したら「この世界の片隅に」の地上波放送がやっていたので真面目に観たんだけれども……もちろん戦争はダメだし、こういった作品を観るとその思いを強くせざるを得ないわけだけれども、そういう話とは全く別の次元で、ごくごく個人的な思いがあり……。

 

 自分の誕生日近辺のこの時期は、世の中が戦争の話か飛行機事故の話で埋まってしまうので、お祝いムードが皆無だし、正直なところあまり良い思い出がない。小学1年生の頃に自宅で誕生日会をしようとしたら、お盆真っ最中であるが故、お友達が全員親御さんと一緒に実家に帰ってしまい、出席者が誰もおらず会が成り立たなくて中止になったこともあった(※ハブられていたわけではない。念のため)。それ以来、誕生日会をやろうという意識すらなくなってしまい、今まで一度も「誕生日当日またはその前後に誰かに会って祝ってもらう」というイベントをやったことがない。お友達がお祝いLINEやお祝いリプをくれたりするのと(本当に嬉しいですありがとうございます)、母上が義務的な感じでケーキを買ってきてくれたりするくらい。恋人もいないし。なので、誕生日が歴史的大事件の記念日と同日になってしまった皆様の気持ちが少しわかる気がする。あの祝っちゃいけない空気の気まずさ……。

 

 べつに「祝って!!!!!!!!!!」とアピールしているつもりもなければ、強いるつもりもなく、毎年そういう気持ちになるという事実を書いただけで他意はない。悪しからず。