この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年7月9日

 みんな大好き立川シネマシt……ではなく今回はできたばかりのキノシネマにて、遅ればせながらレイトショーで「プロメア」を。敢えてほとんど情報を入れないまま観に行ったら、(良い意味で)想像していたのとは違う内容で面白かった。先にご覧になった皆様がネタバレ禁止を貫いてくださったおかげなので、本当に感謝している。ポップな絵柄がぐるぐる動いて色がキラキラ美しい。そして「とにかく堺雅人さんがすごい」という噂は本当だった。あれはすごい。

 しかし……キノシネマはキレイでお洒落でTHE ミニシアターな感じで可愛かったけれど、プロメアという作品には合わなかった。壁に貼ってあるポスターや本編上映前の予告編が全部ミニシアター系の作品のそれだった時点でお察しではあったけれども……。それこそどう考えても立川駅前に前からあるほうの映画館の爆音のアレとか極上のアレとか応援のアレとかのほうが俄然合っているんだけれども、それでもキノシネマでしかやっていないのは大人の事情的なものなのだろうか(5/24のプロメア公開以来そっちの映画館で上映されるのをずっと待っていたんだけれども結局一度もやっていない。そしてキノシネマのオープンは6/28なのでスケジュール的には先に爆音のアレとかでやっていてもおかしくはなかったはず)。なんだかもったいない。素材を生かせていない感がもったいない。大人の事情も大事だけど、しかし適材適所という概念も大切にしたいところ。

 ……とはいえ、とりあえず普段の行動範囲内で観られただけ良しとする。(キノシネマでやらなければ都会まで出なければいけなかったので)

 

 仕事場で激おこ不可避事案が発生したので(出火は昨日だけど今日さらに油を注がれた)関係者御一行様に対して後日それはそれは丁重に反撃して差し上げる次第。自分で言うのもアレだけれども、私を激おこモードに至らせるとその後が怖い。

 ということで今日は終日EXTRUDERSを大爆音で聴いていた。このクールさに秘められし絶許感がとても良い。しかし、この擬似ライブ映像の発表からもう3年ほど経ったらしく……。祝・復活。