この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年3月13日

 己の内的要因により悩んでしまい自分で自分にストレスをかけているというダメなループ。こういう心情の時はNANANINEの「デイスリッパー」がとても沁みる。

 この曲の音源としての初出は18年前なので、そもそも存在するのかどうかもわからない試聴URLをおそるおそる探してみたら、普通にiTunes Store/Apple MusicとSpotifyにあった。Amazonに至ってはCDとMP3販売とストリーミングのフルコンボで取り扱い中。便利な世の中。そしてこの曲が入っているアルバム「12E12」は不朽の名盤。

 ……しかしiTSといいSpotifyといいAmazonといい、試聴で切り取られている位置がものすごく微妙なのは何故なのか……。是非ともフルでどうぞ。

デイスリッパー

デイスリッパー

  • NANANINE
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

デイスリッパー

デイスリッパー

 

 

 年度末ということもあってか仕事場が大繁盛そして大炎上。個人的にはそれなりに楽しくやっているけれど、周りが明らかにギスギスしはじめているので大変よろしくない。あと半月くらいで落ち着くはずなので、平和に乗り切れるようご協力願いたいところ。数日後には異動の内示もあるし……。

 で、帰宅しようとエレベーターに乗ったら、何の前触れもなく突然「日影の忍者 勝彦」を思い出してしまい、しばらく脳内ループが止まらなかった。エキセントリック少年ボウイのほうは未だにたまに思い出しているけれど、日影の忍者 勝彦のほうは存在自体をものすごく久々に知覚した。懐かしすぎる。