この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年3月11日

 精神的もしくは心理的にポジティブかつ巨大な変化が起きる時には何故か必ず天気雨が降るというジンクスのようなものがあるんだけれども、昨日と今朝早くに頂いたアドバイスを噛み締めながら電車に乗り仕事場の最寄駅で降りたら見事な天気雨が降っていた。良いほうに転がる予感がする。

 アドバイスをくださった方には本当に感謝している。ご指摘頂いた事項、全て図星の極み。心して取り組もうと思う。

 

 8年前の今日の14:46とそこから24時間くらいのことは忘れたことがないというか、実は未だにわりと頻繁に思い出す。しかも、かなり鮮明に。それを特集した記事や番組を見ずとも、何気ない日常生活の中でひょこっと顔を出すかのようにカジュアルに浮かんでくる。トラウマというほどでもないし、思い出したら思い出したでそれ以上でもそれ以下でもなく、それが原因で気分が悪くなったりすることもないけれども、やはり当時の私にとってはそれなりにショックな出来事だったのではないか、と今更思ってみたりしている。そりゃそうだ……。

 あの時、あの瞬間から世界線がズレたのがはっきり見えた。けれども当時はそんなことを言える状況ではなかったので、ちゃんと言葉にしたのはたぶんこれがはじめて。