この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年1月17日

 昨夜、渋谷から帰宅し、いつものようにiPhoneをMacBook Proに繋ぎ、充電と同期がはじまったところまでは目視で確認した。のに、その数時間後、寝ようと思いアラームをセットするためにiPhoneを手に取ったら、画面が真っ暗のままで何も反応しない。Apple社のサイトを確認して強制再起動やリカバリーモードを試そうとしても、それすらできない。

 つまり、iPhoneが突然死した。XS。機種変から2ヶ月強で。

 

 寝て起きたら直っているんじゃないかと淡い期待を胸にそのまま寝たものの、もちろんそんな都合の良いことが起きているはずもなく、仕方がないのでそのまま仕事場に向かうことに。

 iPhoneが使えないということは、電車の中で音楽を聴くこともできない。個人的にこれは本当に苦痛で、仕方がないのでヘッドホンの電源を入れノイズキャンセリング機能だけを使ってしのぎつつ、ひたすら無になろうと試みながらどうにか仕事場の最寄駅へ。

 Apple Watch(2nd gen)で時間は見られるけれど、表示はオフラインのまま。そりゃそうだ……。

 

 iPhoneの修理や交換は意外と面倒で、携帯ショップに駆け込んでも基本的には受け付けてもらえない。近場にApple Storeか正規サービスプロバイダがあればまだしも、私の普段の行動範囲内にはないし、そもそもすぐには予約が取れない。ならばApple社に電話して郵送対応をお願いしなければいけないけれど、それには「iPhoneを探す」をオフにしなければならず(オフになっていないと手配のオペレーション自体ができないとのこと←Appleサポートのお兄さん談)、しかし仕事場のPCからだとセキュリティの関係でiCloud自体に入れずオフにできない。詰んだ……と思いきやAppleサポートの電話は21時までなので、帰宅してからでも余裕で間に合うことが判明。助かった……。

 

 お仕事を終えていざ帰ろうと駅まで行くと、電車が遅れている。iPhoneに運行情報アプリを入れているので、いつもなら駅に行く前どころか仕事場から出る前に把握することができるけれど、なにせ電源すら入らないんだから通知も来るはずがない。Apple Watchも2なので母体のiPhoneの沈黙に対しては無力。致し方なし。

 遅れているとはいえ動いてはいるので、乗れば帰れるけれど、しかしぎゅうぎゅう詰めの電車に杖持って乗り込んでしかも音楽も聴けないとか難易度高すぎる……とか考えながら駅構内を歩いていたら仕事場のお兄さんに遭遇。方向が同じなので途中まで一緒に帰ってくれた。気が紛れたので本当に助かった。ありがとうね。絶対ここ見てないけど。

 

 帰宅して即「iPhoneを探す」をオフにしてApple社に電話。IMEIがすごいところに書いてあって驚き。小さくて読めない。

 手配は終えたけれど郵送で受け渡しなのでどうしても数日かかるはず。リュックサックに文庫本を入れたので電車移動は乗り切れるはず。はず。

 

 

 (業務連絡:上記の理由により、電話とSMSは完全に不通、LINEもセキュリティの仕様でPC版に入れないため不通、という状況です。お手数ですが、良品への交換が終わるまでの数日の間はメールかTwitterのDMでご連絡頂きますようお願い致します。日中には確認できませんが、当日中の夜にはお返事できるかと思います。)