この生活に名前は付くのか

日記です。詳しくはaboutページ(profileのアイコンかIDをクリック)を。

2019年3月7日

 人付き合い……というより「仲を深めていく」のは本当に難しいものなんだな、と少々凹んでいる。私が不器用すぎるのが悪いんだけれども……。お願いだから今回だけは上手くいってほしい。お願いだから。

 

 明日こそは絶対に確定申告を終わらせないと本当にマズい。一昨日やろうとしていたけど結局ダウンしてたし……。7割くらいは出来てるから残りと仕上げをしなければ!

2019年3月6日

 エキセントリック少年ボウイのED(?)のほうに出てくる“うどんくらいしか食べる気がしない”というフレーズのあるあるっぷりはすごいと20年以上経った今でも思う。

 

 rumania montevideoが活動再開するという朗報が。ラストアルバムが2002年リリースなので17年ぶり。やっぱりお互い生きていると良いこともある。

 

 仕事場であまりにも忙しいことになっている方がお仕事を投げてくれた。再三「そういうのは私がやるから投げて」という旨のお願いをしていて、それでも自分でやってしまうタイプの方なのでなかなか投げてくれなかったんだけれども、今日になってようやく。やっと頼ってくれたんだな、と思って嬉しくなった。

2019年3月5日

 休息の日。最近やたら食べてしまうのでどうもよろしくない。ストレスとかそういうのは全くないんだけれども……。ううむ。

 

 もやしもんと東農大のコラボクリアファイルが欲しすぎるけど非売品……

2019年3月4日

 新年号に突入する前に閉店になる地元のスーパーの跡地に何が入るかの情報が既に飛び交っているあたり、田舎らしさが露呈している。情報が回ってくる速度が異常。

 

 仕事場の社内システムは案件ごとに担当者が各々その都度対応した履歴を入力していくような仕立てになっているんだけれども、とある方の履歴で「どういう内容か確認して」という文言が「どうゆう内容(略)」という表記になっているのを見つけてしまい、しかも同じ方の別の案件の履歴でも「どうゆう(略)」になっており、つまり打ち間違いではなく素で書いていると思われるので、次にお会いした時に指摘するべきか否かを本気で悩んでいる。私と仲良くしてくれている方なだけに、なおさら悩ましい。(※その方は私がもの書き屋をやっていることは知っている)

 私個人としては「ものすごく引っかかるけど意味はわからなくはないから放置でもいいのかな」的なスタンスではあるんだけれども、しかしそれを(その方の立場から見て)上の方からチェックされてしまった時に恥をかくのはその方だし……。私が今のうちにこっそり教えれば少なくともこれ以上フラグは立たないんだけれども……しかし……ううむ……。

 ひとまず、明日は私は仕事場に行かない日なので、その間に確定申告を仕上げながら悩んでおこうと思う。

2019年3月3日

 案の定、気圧の影響で猛烈に眠い。今日だけではなく、ここ1週間くらい全然眠い。お休みの日はともかく、お仕事の日は大変まずい。なので珈琲(ブラック)をどんどん飲んで気を紛らわせることになるんだけれども、数日続けると胃が荒れる。というか今まさに荒れている。明日もお仕事だし明後日は確定申告の仕上げをしなければならない。どうにかならないものか……。

 

 新しいほうのTVアニメの「ベルセルク」のOP曲(ちなみに平沢師匠の「灰よ」が挿入歌だった)。いわゆるTVサイズが90秒だからという理由で曲全体を90秒に収めた(つまりフルサイズ=TVサイズなので毎週必ずフルで流れる)という極端な発想はわりと好き。

2019年3月2日

 地元のスーパーが閉店するという悲報が。そのお店は後発というか、古くから愛されている別のスーパーの近くに出店したのでガッツあるなーと思ってはいたんだけれども、やはりというかなんというか……。

 中に入っている専門店の一部は生き残るとのこと。もしそこに入っている本屋さんが退店してしまうと、地元から本屋さんがなくなってしまうので、そこはちょっと本当にがんばってほしい。

 

 髪メンテ。前々回にアッシュを入れたはずなのにだいぶ赤っぽくなっていたけれど、美容師さんの「そういえば新しい薬剤を手に入れて、それだとかなりアッシュになるから使ってみようか」という鶴の一声でその方向へ。今日の時点ではたしかにかなりのアッシュだけれども、最終的にどうなるかはしばらく経ってからのお楽しみ。

 

 そろそろ春服をどうにかしなければ……油断してるとあっという間にコートがいらない気候になる……。

2019年3月1日

 仕事場で新しいサムシングを発見してしまった時に「なんだこれ?」「なんなの??」と担当部署全員がかりで推測したり調査したりしていく過程がものすごく好き。そしてそういう時の私はたいてい情報をごっそり取ってきて献上する役割になる。

 

 どうしても上手く動かないシステムがあって、自分で手直ししようとしたけれど当然ダメだったし、お詳しい方に聞いてみてもダメだったので、その道のプロの先生を召喚したんだけれども先生でも詰んでしまい、1時間ほど悪戦苦闘しまくって頂いてようやく動くようになった。思わず全員で拍手喝采。TV版のエヴァの最終回のアレの如し。

 

 あまりにも眠すぎて夢と現の区別がつかないような状態に陥ってしまったので、DA PUMPのU.S.A.を爆音で聴きながら脳内で全力で踊ってみたところ、無事に現実世界に帰還。さすがU.S.A.。